一番好きな時代劇ドラマ

私が見て良かった韓国ドラマのタイトルは「カンテク~運命の愛~」です。内容は都巫女が王様の寝室にお札を貼りファン内官とハン・モが見守ったのです。ウンボは王様に祈とうは無事終わってギョンはウンボにおかげで久しぶりに目覚めがよいと言うのです。ギョンはウンボを散歩に誘うのです。領議政がホン・ギホに宮中の外でホン淑儀様は実に不思議と言って亡くなった王妃と同じ顔をしているのです。父親としての意見を聞くのです。ギホは領議政に何が言いたいか問い直すのです。ヒョンチャンがホン・ギホに死んだ王妃に似てると噂になってるのです。領議政がホン・ギホに火のない所に煙は立たないと言って最近王様に重宝されているのはお前の娘が死んだ王妃であるからなのです。ホン淑儀は本当にお前の娘と聞かれるのです。ギョンは王妃と一緒にいられることが王という権力も地位も復讐も忘れられるのです。ウンボは王様と同じ気持ちなのです。隠れ家でフンギョンが大君様に策を聞くのです。ジェファはホン淑儀の秘密を広めると言うのです。ヨンジは死んだ王妃と思ったらジェファは死んだ王妃ではなく双子の妹とばらすのです。ジェファがヨンジと左議政にこれら公になればホン淑儀も王室も無事では済まないと言い出すのです。領議政がホン・ギホにホン淑儀について答えないのを聞いて王様が地位を約束したと聞くのです。領議政がホン・ギホに私のそばにつけば返事次第では与えることができると探りを入れてくるのです。ホン・ギホが領議政に王様は誠実なお方で不正を犯すなら私が断ってるのです。娘は出世の道具ではないのです。ヒョンチャンがホン・ギホの言葉が皮肉と聞こえたのです。領議政がいつか後悔する選択と言ったらホン・ギホは意志を変えないで話が済んだから帰るのです。領議政は怒ってホン・ギホは無礼者と言うのです。ウンボは王様と手をつないで顔色がすぐれないのを心配してギョンはウンボに大丈夫と言ってウンボは寝殿へ歩くと言うのです。ギョンはウンボを今度は居所に送りたいと言ったらウンボは王様に切りがないし日が暮れると言って楽しいひとときを過ごすのです。ギホはウンギと王様が一緒と思わなったのです。ギョンは朝から何事とホンに聞くのです。ギョンはギホからキム・マンチャンがホン淑儀を探ってギホに近づいてきたと聞いてギホ本人が領議政は既に手を回してると言うのです。ギョンはホンにキム家はホン淑儀が王妃になると焦ってるのです。ギホが王様と同じ考えなのです。ギホが王様にキム様を止めないといけないのです。ホン淑儀に何かあったら大変なのです。隠れ家でヨンジが大君様に本当にホン淑儀は双子と問い詰めるのです。ジェファがヨンジに「そう」と答えるのです。フンギョンが大君様の言葉に驚いたのです。その事実を誰に聞いたと問いかけたらジェファは私がカンテクに参加させたと言ってこれでやっと腹が決まったと確認をするのです。ギョンはファン内官に大臣たちを便殿に集めるよう指示をするのです。