ラブロマンス韓国ドラマ

私が見て良かった韓国ドラマのタイトルは「恋する十二夜 ~キミとボクの8年間~ 」です。内容はヒョノはヘランが自分を捜してると気づくのです。ヘランはヒョノさんに思ってたより早く会えたと言うのです。ヒョノはヘランがここの場所にきたと不思議に思ったのです。ヘランはヒョノさんに前にあなたがここの話をしてたから昔のことを思い出したのです。ヘランがヒョノさんに韓国で初めて会った時に私を2回も振ったのです。ヒョノがヘランに俺がと記憶してないのです。ヘランがヒョノさんに1回目はカフェと言い出すのです。2回目はその2日後でしつこいというのです。ヒョノはヘランに言われてユギョンの写真と自分の写真を交換した時のことを思い出すのです。ヒョノはヘランにごめんと言ってヘランはヒョノさんに昔のことと今日のことと聞くのです。ヒョノはヘランに全部と伝えるのです。ヘランがヒョノさんに食事を誘うのです。案内してと言って本題は座って話すのです。ヒョノはヘランに食欲がないと言うのです。ヘランがヒョノさんに笑ってお茶をしようと言って足が痛いと話すのです。ヒョノはヘランにわかったと話すのです。母がユギョンに昔の家を見に行くと言って今も立派な実がなってると感動するのです。ユギョンが母にお祖母が植えたと聞くのです。母があなたが生まれた時と懐かしむのです。ユギョンがお祖母さんはこの柿が大好物と言って懐かしいのです。ユギョンが祖母が植えたと覚えてるのです。母が娘に昔から変な人と答えるのです。ユギョンは母に気になってお祖母さんとは仲直りしないのと聞くのです。母が娘に心を開けないと話すのです。ユギョンが母に人間は不思議なのです。母親と縁を切った人が娘に執着するなんてありえないのです。母が娘に反論して捨てられたくないと本音を言うのです。ユギョンは昔の家で母にあそこに立ってと指示をするのです。母がユギョンになぜと聞いたら母が娘に写真は苦手と答えて撮るのを嫌がるのはかわいいのです。ユギョンが母に私はプロのカメラマンと答えるのです。母が娘にあきれて大した稼ぎもないくせに何がプロなのかわからないのです。ユギョンは母を撮影すときに自分の子供時代を思い出すのです。ユギョン母にポーズはないと聞いて2枚目を撮るのです。スーパーでホンジュはべンマンに私のアヒージョは評判がよかったと言い出すのです。エビのオリーブオイル煮のことなのです。若い子の口に合うはずなのです。べンマンはホンジュにエビじゃなくてムール貝のスープにしたらいいと意見が合わないのです。ホンジュがべンマンにおじさん向けと言うのです。ホンジュはべンマンに食べてと言ったらべンマン本人はホンジュにチャンはエビアレルギーと教えるのです。ホンジュはべンマンにチャンはいつからと聞いたらべンマン本人がチャンは昔からあったのです。俺も最近知ったのです。ホンジュはべンマンにチャンのことを全然知らないと気づくのです。べンマンはホンジュにチャンと一緒に暮らしてないと言ったらホンジュはべンマンの言葉にむかつくのです。ホンジュはべンマンにチャンはニットが着られるから聞くのです。ホンジュにべンマンにチャンが敏感肌ではないと聞くのです。べンマンはホンジュにチャンが服は何でも着てると答えるのです。