マクドナルドの誘惑に逆らえない

学生の時にはよく通ったマクドナルド。お金のない学生時代にはワンコインでお腹いっぱい食べられて飲み物までついてくる最高の食事だった。
しかし大人になってからは一時マクドナルドとはかなり距離を置いていた。今は子どもがハッピーセットの魅力に気づいてしまい、また定期的に通うようになった。特にプリキュアやサンリオ系のおもちゃが付いている時期には子どもより先に親が反応してしまう始末だ。子どもが欲しいという前に、これ可愛いから週末行こうか、となってしまう。これは一体どういう状況なのだろう。ハッピーセットのおもちゃはすぐに飽きられて部屋中のあちこちに転がっているのになぜまた新しいのが欲しくなるのか。困ったものだ。
困ったものといえば、スイーツ系のメニューも随分と魅力的になったものだ。パイ系もアイス系もどれも美味しそうで困る。しかし、大体お昼時に行くのでハンバーガーのセットを食べるとお腹いっぱいになりスイーツまで迎え入れることができない。無理に買ったとしても、ハンバーガー類を食べている間にパイなら冷めてしまうしアイスは溶けてしまう。どのタイミングで頼めば良いのか未だにわからない。かと言っておやつどきにわざわざマクドナルドに行こう、とはならないので、いつも美味しそうだなぁと思いつつ食べることがない。コーヒーと一緒に熱々パイを食べてみたいものだ。
実は昨日もマクドナルドに行ってきた。最近はもっぱらドライブスルーで買うことが多い。何度経験してもドライブスルーでの注文時に緊張するのは私だけだろうか。今回も案の定何度も聞き返される。大きな声で話しているつもりなのだが。そしてハッピーセット2つ注文したうちなぜか一つがチキンナゲットのセットになっていた。なぜ…?なんとなく予感がしてレシートを見て気づいたのだが、気づいていなかったら家に帰ってから紛争が起こるところだった。そしてこれは帰ってから気づいたのだが、クーポンが適用されていなかった泣。たった100円の損しただけなのにこの悔しさはなんだろう。わざわざ行って返金してもらうのも面倒なので泣き寝入りだ。